Alfa Romeo Day 2010

Alfa Romeo Day 2010

2010.5.8-9 長野・富士見パノラマスキー場

単一自動車メーカーのイベントとしては国内最古の伝統を誇る「ALFAROMEODAY」。更に今年はアルファロメオ創立100周年という記念年でもあり、相当の盛り上がりを期待をしながら行って参りました!
私は、今年も宿泊参加をしていたため土曜早朝出発しました。気になる雨も金曜夜にはすっかり止み、朝から快晴で気分もノッテきます! (今年は100周年記念イベントで会場には歴代アルファを時代ごとに展示するという企画もあり私も参加申し込み後、展示依頼がきていたので前日深夜、睡眠を削って洗車をした甲斐がありました。)
宿泊組の私は、まず会場の富士見パノラマスキー場を目指します。私の住む静岡からですと、清水から国道52号線を通り山越えをしながら垂直に山梨に入り、韮崎から中央道に入るルートです。この間、山間部を走るのですが、前日オイル交換も施した私の白QVはエンジン絶好調でシングルカムのサウンドをBGMに気持ち良く走行していると、あっという間に会場到着です。
会場に着くなりクラブメンバーのooshimaさんに迎えられ、早速164談義に華が咲きます。話もそこそこにそそくさと受付も済ませます。そうこうしているうちに、ドライバーズミーティングが始まり今年より復活した八ヶ岳ツーリングの始まりです。 といっても、会場から宿泊場所のアートランドホテル蓼科(マリーローランサン美術館内)までの1時間程のショートツーリングです。 この日蓼科周辺も天候よく景色は最高です。各チェックポイントを通過しながら走っていると、NOBUさんが! 走行していく参加者の撮影をしていました。
今回はゲスト参加されていたようです。1人参加の自分はホテルに到着後、まず信州手打ち蕎麦を堪能し、ホテル駐車場内の参加車輌達の撮影をしながらマッタリしていると、NOBUさんからツーリングのお誘いが!麦草峠へ走りに行くとのこと。勿論、行かないわけがありません!もう一人RZ乗りのTさん(なんと、ALFAROMEODAYのために長崎県佐世保より自走でこられた)とF.G.A.Jのマーケティングのマシアさんがが乗ってこられたMitoと4台で出発!前を走る2台のES-30のバイクの様なレスポンスにすっかりヤラれてしまった私。とまぁ、この2台と共に走れただけで満足ですが(笑)
ホテルに戻り、私は日が暮れる前にとホテル近くのスタンドへ! スタンドでホースを貸して頂き明日の展示のため洗車です。予め、トランクには洗車道具一式を積んできていたんです。ウェルカムパーティの始まりです。恒例の青がえるさんの司会で会場大いに盛り上がりました!
そして夜は更けていくのでした・・・。
さて、夜が明けて日曜日。メインイベントです! クラブの皆さんと合流するべく私もホテルを出発し、会場の富士見パノラマスキー場へ向かいます。到着するや、特別展示ブースへと誘導され164を定位置に着け会場内をフラフラしていると、510190さん・まるさん・Nanaoさん・kobuさん・ochayaさん・ryutaさん・kenoさん・チェリーさん・kintaさんと続々とクラブメンバー達が会場入してきました。今回、私のQVと同じく特別展示されたのはochayaさんのQ4でした。
イベントもスタートし、我々164OCではラウンジ510の開店準備に女性陣は大忙し!男性陣も準備をする人・早速、会場で164談義をする人(私を含めてね)様々です。
私はというと非常に気になっていた、kintaさんに張り替えてもらったというまるさん号の天井を見たかったのです。私も同時期に主治医にオーバーヘッドコンソール廻りと天井張替えをしたばかりです。そして、見た感想は、、、エロいエロエロ過ぎる!(いや失礼!)、kintaさんの素人とは思えぬ綺麗な仕事っぷりに脱帽です。まるさんはさぞかし感動的だったことでしょう。私も関東に住んでいればなぁ。私はプロに依頼したので出来栄えは良くて当たり前なので。
再び、会場内をカメラ片手にウロウロしていると携帯に510190さんより連絡が入りました!ラウンジ510の開店です!クラブメンバーになって初参加の私はこれが楽しみでした!
今回ラウンジのテーマは100周年記念に因んで、「和」とのことです。私には当初「和」の意味が全くわかりませんでしたが、後々になりようやく理解することができたのです。メニューは、、、なんと!アルファロゴの散らし寿司!具の海老は前日に築地で仕入れたものだそうです! 牛肉のたたき(これが肉がほんと旨い!)、サラダ(盛り付けがとってもお洒落だ!)デザートはまるさんご夫妻&ochayaさんコラボのわらび餅・お茶! 皆さん仕込みから相当苦労されたことでしょう。つくづく、164OCに入って良かったと思うのでした。ちょうどその頃会場では今年のゲスト・エンジン誌の編集長・鈴木正文氏によるトークショーが繰り広げられておりましたが、我々クラブメンバーは1人として聞いてた人はいなかったような・・・。(汗)それだけ、皆さんラウンジ510での時間が充実していたということなんですね!
腹も満腹になったところで、写真を撮りに会場へ行く人・ラウンジでまったりする人、それぞれのんびりと過ごします。
午後になり、箱根カフェ・ジュリアの名物マスターの外館さんからの特別展示車のオーナーインタビューが始まりました。164は私とochayaさんがインタビューを受けましたが、外館さんは以前164オーナーだったこともあり思い入れが強いらしくトークも他の車輌のオーナーの方々より長かったそうです(笑)
楽しい時間もあれよあれよと過ぎ去り、終了の時間です。全員で後片付け・集合写真&人文字写真?となります。渾身の164を描く人文字!こんなことをするクラブは何処にもないでしょう!
今年のALFAROMEODAY、私は本当に楽しめました。実は土曜日は抽選で10台限定のホテル中庭での愛車撮影会に当選し、NOBUさんに素晴らしいQVの写真を撮影して頂けましたし・パーティーでは青がえるさんから壇上での愛車ストーリーを参加者の前で話をさせてもらったり、当日はクラブメンバーとの楽しい一時を過ごすことができました。
私としては4度目のALFAROMEODAYの参加でしたが、100周年に因んだ最も思い出深いものとなりました。これもALFA164という車が結びつけてくれ、164OCに入会し得たものだと感じています。
最後に、ラウンジの運営・設営に関わった510190さん、まるさん、Nanaoさん、ryutaさん、ochayaさん、女性陣の皆様、本当にありがとうございました!
それでは、皆さん御疲れ様でした!
Report by centrostile
Photo by centrostile・チェリー