筑波ミーティング 2004.7.24

  • Home
  • /
  • event
  • /
  • 筑波ミーティング 2004.7.24

筑波ミーティング「常陸の国 林檎の木作戦」

2004.7.24 茨城・筑波山周辺

昨年暮れ当OCに参加させていただいた時は、諸先輩オーナーの皆さんの知識と経験に接するということが私の一番の目的だったのですが、何度かいろいろな場でお会いするにつけ、縁あって同じ趣味を持つにいたった方々へと興味の対象が広がり、またそれがどんどん膨らんできました。BUSSOさん、私を指名してしまったのが運のつき。実用性皆無。独断と偏見で暴走する私的リポートです。

焦っていた・・・

会社で同じ部署の二人が一度に休みをとることになり、それでもなんとか快調な滑り出しを切った。”その日”の前日の職場はやはり最後にはてんやわんやとなり、帰宅時間が予定より5時間も遅れることになってしまったからだ。これでは昨日の睡眠不足がカバーできなくなる…。
“その日”とは、いわずと知れた待望のスッドさんの”朝筑波ミーティング”開催日だ。

そして朝

万全の準備どころでなくスタートを切るといやな予感がするものだが、案の定、寝ぼけて朝の支度に手間取り、ただでさえ30分のロスタイム家を出て集合場所の常磐道・守谷サービスエリアに向かうと、その10分後には高速道路上で12kmの渋滞につかまってしまう。
渋滞を抜けたあとも結構車多いなー。はじめて行く筑波でナビも無く、遅れれば絶対追いつけなくなる。時すでに7時57分、つまり集合3分前。
こんなときに先の合流地点を指図してもらおうとスッドさんに電話するがこちらは話中、番号間違えか!? すわ万事休す、と思ったら目の前に”守谷サービスエリアまであと3km”の文字。
要は焦りすぎて自分がどこにいるかも分かっていなかったってことか。

集合場所の守谷SA

守谷サービスエリア駐車場

こんなに集まると・・・

さて、さっき手を振ってたからスッドさんは来てるよナ。SUGIさんのスリムなDUCATIはここから見えないとして、相変わらずの凶悪怪獣顔SZ(はじめまして、ONISHIさん)、対照的に車も柔和な本人そのもののとまる号 、このQV&大ぶりの十字架ピニンロゴは前に見たな(初三号)、プロテオレッドはochayaさん、いま横に止まった青い156GTA=こちらも挨拶されているので関係のカタ?(JHさん)。
アレ…? 予定よりぜんぜん少なくない?
それもそのはず、ご存知の面々はみなさん私より後だったのだ。でも一番後になったkintaさんはそれでもちゃんと電話してきているんだから、先着の方々!変な悪巧みしたり、”常磐ハワイアンセンター”に案内しちゃ駄目ですよ。
そこ、今日は行かないの僕でも分かりますよ。

常磐道を土浦北インターへ、そしてビーナスライン

お約束の、制限速度で抜きつ抜かれつ3車線。この景色大好きですね。でもビデオ持ってきたのに助手席乗ってないから撮れないよ。くやしー。
高速を降りてしばらく行くと、一行がハザードを出して並んでいる。先頭車の前にはついに登場Bali号だ。このヒト、若いときの石原裕次郎かSZ並みの面構えだし、明らかに気性も荒いクチに入ると思われるが、私のOC行事初参加(しかも予告なし飛び入り)の日に一番気を使ってくれた方々のひとりなのだ。
このヒトにはおよそ勝ち目ないが、車は必ず目標にしてやる。がんばれマイ・164!!!
途中、四叉路交差点では右折待ちで長蛇の列になり、これでは一度で曲がりきれなくなる、と気転を利かしたつもりで左から交わってくる道路の方に移って台数を減らそうと試みた。ところが私の信号待ちの間に私の目の前で全車残らずスムーズに右折し終わって、あげくは、さらにおまけにその後に大型トラックを含め約5台が続いていく。私は一人置き去りに。
このテのドジを結構やらかすものですから、今度どなたか行列移動の心得を教えて下さい。

爆走する東日本支部長

筑波山に到着

しばしのワインディング

一旦、予定昼食会場を横目に上をめざす。これが走り屋の観光名所か。路上のそこここにタイヤのゴムで書かれた波線が。夜はみんなブイブイ/キューキューいわしているのだろう。
と、前を走るとまるさんが急減速。あちこちのカーブには“暴走族対策”として段差が設けてあるのだ。しかもこちとらダンパーもちょっとパワー減のため、ガツンガツン来る。車壊れちゃうよ。行政の無能にはホトホト呆れてしまう。
それともこういうときに可変ダンパーのSPORTを選択するのだろうか?

気持ちの良い筑波山

中腹、朝日峠展望駐車場

ホトトギスが鳴き、空にはハンググライダーが浮かぶのどかな田園風景を望む場所だが、あ・つ・い!!! しかも自販機・売店なし。
でもすでにそこここで話の輪ができている。するとBUSSOさんがあんなに目立つ体格で、明らかに邪まなステップで、それでいて、これ最大の人生の喜び、といった表情で何かこそこそと準備をしている。見るとわざわざバスクリンでラジエーター液もどきを作ってペットボトルに入れて準備してきているのだ。 結果、kinta号はあわれニセラジエーター液漏れで直径約2mに渡り水浸しに。 とまるさんは被害個所特定のため緑色の液体を味見させられている。でも説明書きによるとバスクリンは口に入れるものではない。
さて、私はというと今日はひそかな目標がある。参加者の助手席に乗せてもらうのだ!
で、意を決してochayaさんに打ち明けると意外にも快諾いただく。しかもochayaさんは運転していいよという。やったぜベイビー。

ochaya号(164Q4 後期型)乗車

まず、アクセルのタッチが軽い。これと比べるとわたしのはもうブレーキペダルだ。そんなことよりレスポンスが格段に早い。エンジンの回り方に低いところからひっかかりが一切無い。
この眺めもGood!
うかつに触れるとギヤチェンジの時無駄ぶかしをやってしまう。それと理由はわからないが室内は全く静かだ。要は不要な音が無いのだろう。私のはエンジン音に「ジャージャー」が加わるし、個所特定不明の内装の異音がある。そういえば塗装状態もエンジンルームの各パーツもきれいだった。人間とは違い若さが全てなのか。でもいくつかのパーツは更新されているとのことだったので、整形とかエステはできるってとこかな。金はもちろんかかるけど。もどってくると、SUGIさんを送ったという黒いたなか号が荒々しく入場。引き換えにBali号は数人を乗せて更に上にあるという筑波温泉をめざすとのこと。しまった取り逃がした。そのころ、510190さんはパイプいすで休憩所をこしらえ、飲み物の買出しに行くという。ええい、ドサクサにまぎれて頼んじゃえ。横乗せてください。OKですか? ラッキー池田!!

この眺めもGood!

510190号(164Q4/K1H)乗車

エンジンがきれいに回っている音色がする。マフラーはノンオリジナルとのことだが、どこからの音がそう感じさせる原因なのかは素人には所詮不明。
コンビニの帰り道はお言葉に甘えて運転席に座らせていただく。有名な全取っ換えのダンパーは、もう私の車とは共通点を見出せないほどの乗り心地を提供している。510190さんは新車時を想像して再現する喜びの話をしてくれたが、なるほど私は2004年の今日、Q4の新車に乗ったのだ。510190さん、この仕上がりだともはや消耗品以外課題の場所など無いでしょう。

あっという間にお昼の時間

アップルツリーは郊外で結婚式の2次会をコンパクトに品良くできそうなお店。私たち用にテーブルを完全に1列につなげてもらい、ほぼ貸切りのような状態だった。
SUGIさんが私の席の向かい。このヒトはきっと私のせいで今日の食事まずいだろうな。典型的に業界の人で、感性が私なんかとは段違いの繊細さなのだ。きっとだからサングラスをしているのだ。そして私は一生懸命何を話したらいいか考えたが、やはり今日も盛り上がってもらえなかった。ところでryutaさん。そのT-シャツ爽やかですね。当人もさわやかだけど。

アップルツリーに到着

アップルツリーの駐車場を埋め尽くす164

それにしても店のつくりはセンスがいい。ウッドデッキに出ると池が見え(これはホントは農業用水の貯水池の借景で、おたまじゃくしがたくさんいた)、田んぼの間に美しくカーブする道路が見え隠れして、ほんとに癒されるって感じだ。スッドさんあっぱれ。
なお、時間切れによりBaliさんとたなかさんが食事をとらず帰られたと後で聞いた。挨拶しそびれた。

窓からの眺めも最高!

初幹事のスッドさん

暑かった~

そしてお別れ

エアコンベルトがぁ~

BUSSOさんはエアコンベルトがぶちきれたSZのONISHIさんにストックのベルトを提供。緊急修理を試みるがサイズが合わない。その際ベルト代金5万円+キャンセル料1万円を請求していた(笑)。
このハプニングの後、多忙な皆様は急いで帰路につくことに。駐車場を一時的に埋め尽くしたOC軍団の車両が跡形もなくなり、本日の予定は終了となった。 スッドさんありがとう。この、実に好印象の夫婦も私のひそかな目標なのだった。
なおこの後、一日中汗だくのスッドさんは、初幹事の疲れも何のその、午後の筑波山小ミーティングを召集。そのなんともすがすがしく気持ちの良いお誘いに、さっさと帰宅予定だったはずの私もつい参加してしまい、”Ferrari308 一時オーナーズクラブ”撮影とか、Kintaさんの”きんた○”とか、まるさんの”丸いお○り”の饗宴などがあり、これまた望外に有意義な午後の時間(?)とさせていただいたのでした。とにかくスッドさんに感謝のアンコール!

(おまけ)温泉行く人~

参加の皆様は下記のとおり(順不同、敬称略)

スッド幹事夫妻、510190″塾長”、BUSSOさん、ryutaさん、kintaさん、Baliさん、ONISHIさん、SUGIさん、JHさん、まるさん、ochayaさんとそのお子様たち、とまるさん、初三さん、ゲストのぬーのさん(MGF)、それとお約束で最後はたなかさん、そして私A1でした。

暑い中お疲れ様でした

Report by A1
Photo by 510190