中部ツーリング 2009.6.14

  • Home
  • /
  • event
  • /
  • 中部ツーリング 2009.6.14

中部ツーリング 2009

2009.6.14 岐阜・西美濃周辺

6月14日に中部地区寄り合いに行ってきました。中部寄り合いは昨年の秋に行ったカート大会以来のことですので楽しみです。目的地は岐阜山間部にある「藤橋城」という西美濃プラネタリウムで、昔にあったというお城を村おこしで作り、それがプラネタリウムである? ということです。
その後はお約束の温泉です。当日は雨模様の場合は中止とのことで心配していましたが、何の何のメンバーに日頃の行いが良い人が多かったんでしょう。期待以上の晴天に恵まれ、ある意味では164のエアコン能力の方が心配です。
参加メンバーは・・・
チェリーさん(銀164QV:快音仕様)、けんいちさん(青155TS:普段着のような理想的な155)、Iさん(赤156 2.5 V6:私の友人で非メンバーです マフラーはオーバーレーシング)、私kouichi(黒164QV:ノーマル仕様 マフラーのみyossuieさんから譲っていただいたツェンダー) 4台とももちろんM/T。
予定されていた京都のレボさんは164が当日にまで完治せず欠席、予定のHIROさんは急遽仕事の都合でキャンセルとなり残念でした。
前日は購入以来6年間ボンネット以外はワックスをかけたことがない私のQVもGSの超撥水コーティングなる1000円コースを奮発したお陰で光沢が出ています。後はオイルを足し準備万端。
最初の休憩場所である 道の駅「ほしのふる里ふじはし」
さっそくクルマ談義

当日の朝10:00に名神高速大垣インターから北へ数キロ行ったところのオートバックスで集合です。一番乗りはチェリーさんで(流石幹事)、シブいQVが停まってます。挨拶そこそこに煙草で一服、程なくけんいちさんの到着です。けんいちさんは164QVと155の2台体制なんですが、白QVの車検が切れたとのことで今回は155での参加です。その後私の友人のIさんが到着し、全員が揃った時点でプラネタリウム向けて出発です。

チェリーさん、けんいちさん、Iさん、私の順で隊列を整えますが、一番後ろから見るとシルバー、ブルー、レッド、ブラックと全員が色違いのアルファ達も珍しいですね。しかし、全員164でなくともアルファを連ねて走ることは楽しいもんです。何もかも忘れる瞬間、時間とはこのような時ですよね。それから約1時間のゆっくりしたドライブで「星のふる里ふじはし」という道の駅に到着。日曜日ということもあり、混みかけていたものですからそこではトイレ休憩そこそこに次の目的地プラネタリウムに向けて出発です。次第に道もワインディングになり、皆さんヒラヒラと気持ち良さそうです。
また、このルートも適当にトンネルがあり、先頭からチェリーさんの快音が聞こえてくるのがまたその気にさせます。

程なく目的地のプラネタリウムに到着し、昼食をとった後に入場です。ここは外観はこじんまりとした鉄筋のお城で、中はプラネタリウムという、とりあえず何でもいいから作れ!的なハコものです。80人は入れるかと思われる直径10m程度のドームスクリーンですが、客は我々以外に4~5人程度、ナレーションのお兄さんがこれまた優しい声でゆっくりと喋るものですから、思わず快眠モードに突入です。となりのIさんの心地よい寝息を聞きながら約30分で終了しました。

藤橋城 実は中身はプラネタリウム
プラネタリウムの夕刻
さすがに星空は撮れませんでした・・・
藤橋城をバックに
その後お城をバックに4台のアルファを並べて記念撮影後、次の目的地である徳山ダムに向けて出発です。福井県境に程近い場所に位置するこのダムは平成20年頃完成の巨大なものですが、ダムしかなく、観光客はここでUターンして帰ってしまいます。チェリーさんによると、ここから奥が走るには面白いとのことで行ってみることにしましょう。
ダムは巨大で細長く、奥までは10km以上はあるかと思われますが、その湖畔を専用道路が最深部までついています。道路は片道10km弱ですが、そのほとんど、70%がトンネルです。
徳山ダム堤頂と徳山湖
ダム湖に架かる橋上を走行中
また、ダムと同時に出来ていますので新しく、終点は行き止まりに近いものですから殆ど観光客も行かず、この往復15km近いトンネル道路には我々以外は3台ほどしか走っていません。
うなるとチェリーさん始めアルファの貸切トンネル天国です。道は新しく広くコーナーも緩やか、トンネル内には最長2kmにも及ぶ富士のストレート以上の直線もあります。(そして貸切状態!) もう皆さん全開です。それぞれのタイミングで4台の音色が交差し、アルファのハーモニーを奏でます。チェリーさんの迫力音、Iさんの不整脈のない澄んだV6音は素晴らしく、またけんいちさんの4発音はアルファの基本です。すっかりハマってしまいます、このトンネル。これだけにツアー組んでも良さそうですよね。
トンネルを堪能した後は温泉です。候補の2ケ所の温泉から根尾村のうすずみ温泉に決定し、アルファ1台程度の狭い山道を隊列組んで向かいます。ここは淡墨桜で有名な地で、道の駅、宿泊施設からなる温泉施設も立派です。内湯、打たせ湯、露天等からなっています。特に当日は晴天で、山々を見ながらの露天は格別なものがありました。風呂上りは瓶入りコーヒー牛乳の一気飲みですが、定番ですね。
その後風呂上りの心地よい体で帰路につき、岐阜市内で解散です。あぁ、何回やってもいいですね。こういう集まりは・・・。次回も是非計画しましょう、皆さんお疲れ様でした。
そしてチェリーさん、事前下見からありがとうございました。
ダム湖上流の展望台にて
Report by kouichi
Photo by チェリー