みちのく寄り合い 2008.10.5

  • Home
  • /
  • event
  • /
  • みちのく寄り合い 2008.10.5

みちのく寄り合い 2008

2008.10.5 山形~福島・米沢~桧原湖周辺

はじめに

7月の『朝箱』の帰り道、こ~んずさんの「次は東北でもやりたいね~。」の一言でみちのく寄り合いの話が持ち上がりました。入会して半年足らずの私にはその一言の重みがよくわかっておりませんでしたが、どんどんこ~んずさんと○竹さんは「みちのく寄り合い」の企画をどんどん具体化していきます。そこで初めて理解しました。言い出した人が責任をもって企画し、参加者みんなで思いっきりイベントを楽しみつくすのがこのOCの醍醐味だということを! 今回、私は事前準備のお手伝いもできず参加させていただくばかりでしたが、こ~んずさんよりクラブイベントのリポート担当を仰せ付かりましたので、OCのクラブリポート担当を勤めさせていただきます。文才のかけらもない新参者ですが、よろしくお願いいたします。

前夜祭・・合流

10月4日、15時半に前夜祭の舞台となる枡形屋さんでこ~んずさんと落ち合いました。その時点でみやさんは新幹線を乗り継ぎkobuさんと合流して横浜よりこちらに向かっており、一方HIROさんはなんと岐阜から600kmをカプチーノで向かっているとのこと! 先ずはこ~んずさんの練習コースを通って13号の途中までお出迎え。6時20分前にkobuさん&みやさんと合流して、記念撮影しました!(なお、こ~んずさんの「流し」はいわゆる「流し」のレベルではないことを申し添えます。)
開口一番みやさんの一言「疲れた、ゴルフに抜かれた、5時間かかった、4時間で着くなんてこ~んずさんのうそつき・・・。」でした。予定時間については誤解もあったのですが、必ず書くようにとのみやさんから要望がありましたのであえて書かせていただきました・・・(笑)
その頃HIROさんは113号から向かっているとのこと。道の駅まで迎えに行く予定で○竹さんとも合流し、宿でHIROさんからの連絡を待っているとなぜか、カプチーノが!一同驚愕してましたが、カーナビがなくてもちゃんと目的地に着ける人もいるんですね、というか、以前は地図を見ながら目的地に辿り着くのは当たり前のことだったんですが(苦笑)
まあ、先ずは無事前泊組が揃いました。

晩餐

山形といえばやはりこれは食べておきたいところ、そう、米沢牛の焼肉です(笑)先ずは乾杯・・・なんですが、kobuさん&みやさんは最初からご飯大盛りのあわせ技。しかもみやさんは大盛り2杯、kobuさんは冷麺で〆るというすごい食欲です(笑)
まあ、昼食抜きで走り続けてきたのですから仕方ないところ・・・。そんな宴も盛り上がり、話題はいつしか○竹さんのユーロRに移ると、アルファロメオに戻ってくるまで「○竹」は「×竹」にしておこう、という提案が・・・。これはもう事務局のご判断にお任せします(苦笑)
その後はなぜか○竹さんによる山形弁講座となり、焼肉店も閉店になり、よろよろとカラオケボックスに入るともはや四十路の暴走を誰もとめられません。その時何が語られ、何が行われたかは、新参者の私などとてもここでは書けません(苦笑)

温泉

サンクスで例のブツを買いあさり(笑)、宿にもどり164にまつわる四方山話に花が咲き(私は半落ちでしたが・・・)、午前1時を回った頃、いよいよ温泉に。そこでOCの伝統を体験することになろうとは。かなり熱めの源泉かけ流しを堪能し、頭を洗い始めると上からシャンプーが滝のように。加えて背中には冷水が。すかさず今度はかけ流しの熱い湯が(汗) 横を見るとこ~んずさんも同じ状態(苦笑)これはお約束の儀式だそうな・・・。そうなんですか? とにかく楽しい夜は更け、3時半を回ったころ、やっと就寝。いよいよあと数時間で寄り合いです。

当日・・合流

眠いわりにすっきりと目覚め、宿に忘れかけられていた朝食にも何とかありつき、8時には合流ポイントへ向けて出発。トンネルでシフトダウンはお約束(笑)
福島西IC出口のセブンイレブンで510190さん、Nanaoさん、その後にyossuieさん、kouichiさんも合流。皆さん、姿が見える前に音で来たのがわかる!そして510190さんのスパイダー乗りの熱い魂に触発され、HIROさんもカプチーノをオープンに。やや遅れてkenoさんが131ABARTH RALLYで登場。それにしてもこれを惜しげもなく走らせるてしまうんですから・・・(汗)

移動~撮影

全員揃ったところで10時過ぎに出発。何とか最悪の天候は避けられそうです。なお、○竹さんは撮影ポイントに先回り。磐梯吾妻スカイラインの途中で流し撮りの準備をして今や遅しと30分。しかし計画通りに進まないのは世の常でして、早秋の観光渋滞で流し撮りにはほど遠いのんびりペースで撮影ポイントを通過するのがやっとです。レークラインでは、しんがりの私は図らずも131ABARTH RALLYの速さの片鱗を見てしまいました。プラグがかぶらないように様子を見ながらのkenoさんですが、ここ一番のスイッチがちょっと入ったらあっという間に開いた車間なんて詰めてしまいます。

昼食・抽選会

桧原湖に到着し、湖のそばのキャンプ場にて昼食です。皆さん椅子やテーブルを広げると、しばしの車談義。そして昼食は米沢名物ほかほかの牛肉弁当。さらにこ~んずさんが仕込んで持ち込んでくださった山形名物の芋煮。この時期のアウトドアランチにこの暖かい料理は染み入るように美味しいです。ちなみに県南はしょうゆベースのシンプルな味付けです。
それにしても撮影に30分も待機し、終わり次第お弁当と芋煮を積んだ状態で先回りした×竹さん、お疲れさまでした。
そしてもう一つこ~んずさんが仕込んでいたのが例のサンクスと京商の甘美な罠、アルファロメオコレクション第二弾のワンカートン!みなさんサンクスに寄ってはついつい買い込んでしまう困りダネだと思いますが、やっぱり欲しいですよね(笑)
一人一箱ずつ取って、残りはじゃんけんによる抽選です。意中の車にめぐりあえない人もいれば自力でTZ&33のレアアイテムを手中に納める人もいたり、交換してコレクションを充実させる人もいたりとさまざまですが、楽しいひと時であることに間違いありません。
その楽しい時間が過ぎるのは早いもので、集合写真を撮って解散です・・・が、510190さんがkenoさんの131ABARTH RALLYに試乗しつつ帰ることになったようです。絶妙のタイミングで三回エンストしながらメンバー一同の笑いを誘うところはさすがはエンターティナー510190さんです、などと入会半年で馴れ馴れしくすみません(汗)でも、そういうアットホームな雰囲気がこのクラブの最大の魅力だと思います。

今回の走行コース

Report by きゃつお
Photo by ×竹・こーんず