CLUB RUN 2011.9.11

ALFA164 O.C. 全国クラブラン in 浜名湖2011

2011.9.11 静岡・浜名湖周辺

Chapter1 - 初参加のクラブラン –

164OC に加入してから何年経ったでしょうか? クラブHPの「CLUB REPORTS」を見てみると、最初に参加したイベントは、「10周年記念合同クラブラン in チッタナポリ」でした。
あれから8年も経っていたんですね。その間に参加したのは、2005年の「春のクラブラン at 鈴鹿」と2009年の「朝箱」のみ、全国合同クラブランも、これまで一度も参加していませんでした。
<そら典型的な幽霊会員やろ>
ところが、今年は開催地が変わったらしく、・・・浜名湖?・・・近くなったやん!日帰り楽勝!当日の都合さえ付けばOK、ということで、参加申し込みをしようとしていました。
ところがところが、9月初めに台風12号が来襲。我が県の南部地方では大きな被害も出て、休日出勤もあり得る状況に・・・、ぎりぎりまで様子を見ながらようやく開催3日前に申し込むことが出来ました。幹事のチェリーさん、kobuさん、ご迷惑をおかけしました。
さて、申し込みのメールを送ると、さっそくチェリーさんから往路同行のお誘いがあり、途中のPAで待ち合わせることにしました。そして、あっという間に9月11日がやってきました。
<3日前に申し込んだんやからあたりまえやろ>

Chapter2 - 集合、記念撮影 –

9月11日 午前5時50分、天気晴れ、自宅を出発して、待ち合わせの東名赤塚PAに7時20分に到着しました。チェリーさんは少し遅れると連絡がありましたが無事到着。ここからは2台で浜名湖を目指します。途中愛知県から静岡県へ入るあたりでにわか雨、せっかく昨日洗車したのにな。
<汚れてたほうが塗装の剥げてるのが目立たへんのでええやんか>
午前8時、会場到着。このころには雨も上がってきました。前泊の方々の車に並べて駐車します。チェリーさんは164じゃないので、少し離れたところに停めます。
<見かけによらず奥ゆかしい人やんか?>
一人参加者が居たと思ったら、事務局のjunpeiさんでした。仕事の都合で2~3時間仮眠を取ってきたとのこと、お疲れ様です。さて、集合時間が迫り参加者が続々と、いやぽつぽつとやってきます。自分と同じプロテオレッドQ4のmasakingさん、今回初参加のtodo-buさんのQ4はかなり弄ってる様子、でも都合でタイムラリーのみで早退されるそうで、じっくり車を見せてもらう時間がありませんでした・・・残念。
それにしても前泊組のみなさんが現れません。konuさん、チェリーさんが携帯をかけても反応がないようです。
<日ごろのストレスを発散しすぎて、みな沈没したんとちゃうか>
集合時間を過ぎる頃、ようやく前泊のみなさんが現れ、駐車場もにぎやかになりました。今日は、先に記念撮影をするということで、164を半円形に並べます。
やっぱり、164が10台以上もずらっと並ぶこの瞬間が堪りません。みなさんもしきりに写真を撮っています。
前泊の方々は雨に濡れた車の水滴をふき取っています。こういうのってクラブではなんていうのでしたっけ?
「チ○○ス○る」でしたっけ?

Chapter3 - タイムラリー –

さて、撮影の後は、クラブラン名物「タイムラリー」が始まります。
実は、自分がこれまでクラブランの参加を躊躇していた理由の一つがこの「タイムラリー」です。事前に知らない道を走り、最下位になったらレポート担当ということで、知らない道を走るのが不得手、文章書きが不得手な自分にとっては出来れば避けたいものでした。
でも今回は、走行タイム+クイズの得点の合計で順位を決めるとのこと、さてどんなクイズが用意されているのか・・・クイズの問題が配布されましたが・・・

・・・け い お ん ?!
なんか聞いたことあるような気もするけど。
<「萌」系とか「オタク」系なアニメなんとちゃうのん? ・・・映画化?てそんなん全然知らへんし。>
周りでも、「けいおんって何」「意味わからん」とかつぶやきが聞こえてきます。チェリーさん、貴殿のその風貌からはとても想像がつきません。

まあ、クイズよりもとにかくきちんと走ることが第一と思い直し、自分の出走順は4番目、まあ後ろに追いつかれたら、先に行ってもらって後をついていけばいいか、と考えてスタートします。ポイント5つ目ぐらいまでは簡単に通過、浜名湖が見え隠れする広域農道のワインディングも順調に走ります。
<あの道は、Q4の3速でドンピシャや!>

農道を過ぎて、街中へ入ったところで、一台前にスタートしたsiikenさんが停車していました。ポイントの写真にある神社が正面ではなく、横に見えるのでコースが違うんじゃないか、ということでしたが、すぐそこに次のポイントが見えていたので、間違ってはいないでしょうということで出発。このまま後をついていってチェックポイントを通過し、そのままゴール!のはずが・・・
チェックポイントを出たら、siikenさんの車が見えません。どこに行ったのかなあと思いながらボケーっと走っていたら、案内標識に鷲津?・・・豊橋?・・・どこ向いて走ってんねん!慌ててUターン場所を探すものの、交通量が多くてなかなかUターンできずに大幅タイムロス。
こうなったら・・・
<「け い お ん」クイズに正解するしかないやろー!>
ゴール地点に着いてからケータイで必死にググるものの・・・正解が判ったのは1問だけ、あとは撃沈・・・
<設問、やたら深すぎるし・・・。それにしても今回のチェリーさん、オークションではフィギュアを3体も出品したりして、「オタク度」全開やったなあ。>

Chapter4 - 昼食、結果発表、オークション –

タイムラリーは、みなさん事故・故障もなく、大きく迷子になるクルマも無く、全車無事にゴールし、昼食はホテルの中の和室へ移動。さて、部屋に入ると・・・畳の上にテーブルと椅子が並べて置いてありまして・・・
<誰かの結婚式ですやろか?>
料理は上品な和食膳で、大変おいしくいただいているところで、恐怖のタイムラリーの結果発表です。結果は、第2位から発表されていき、最後に1位と最下位、ブービーが残りました。
ここで、レポート担当は最下位ではなく、ブービーということになり、もしかしてこれはラッキー?と思ったのもつかの間、最下位は○○さん(名誉のため、あえて名前は伏せます)と発表され、1位とブービーが残されました。こうなるともう発表を聞くまでもなく、レポート決定!!!1位のmasakingさんとは、ゴールに戻ったのがほとんど同じ頃だったので、もう判っていましたよね。
その後は、ショックのあまり記憶がありません・・・ということはないですが、レポートのことで頭が一杯で、不用品オークションでは何も落札できずに終わってしまったことを、この場を借りてお詫び申し上げます。
ちなみに、自分が持参したピニンファリーナのスケッチ集は、思わぬ高値で落札していただきました。ありがとうございました。

Chapter5 - 解散、その後 –

今回は、先に記念撮影をしていたので、昼食会場で本日のクラブランはお開きとなりました。あと、ホテルの温泉に入る人は、入浴券とタオルを受け取って大浴場へ向かいます。自分も大浴場へ行ってシャワーで汗を流し、外の風に当たろうと露天風呂へ向かった、その先には・・・
・・・本日の参加者が車座になって入浴されていました。総勢11名!
知らない人にはとーっても近寄りがたい雰囲気でしたが、そのせいで露天のスペースが貸し切り状態に。その時の写真がこちら・・・
<ってそんなんあれへんし。あったとしても”ボカシ”だらけで掲載できるかいな!>
その後、火照った体をウナギアイスでさましながら、帰路につかれるみなさんを見送ります。
自分は、西方向に帰るHIRO@岐阜さんとmasakingさんの後について会場を後にしました。164の後ろ姿を見ながら走るのは、オーナー冥利につきますね。

Chapter6 - あとがき

初めての全国クラブランはとてもいい思い出になりました。(ただ、前夜祭には参加しなかったため残念ながらレポートは作成出来ませんでした、すいません。) 幹事のチェリーさん、kobuさん、昼食も後まわしでタイムラリー結果の集計をしていただいたjunpeiさん、参加されたみなさま、本当にありがとうございました。
Alfa164というクルマをきっかけに、いろんな方々と出会い、それが「絆」となっていく、オーナーズクラブの存在意義を改めて認識した一日でした。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
註:本文中< >の部分は、自分の心の中の“突っ込み太郎”の声でした。ご了承を。
Report by あきーば
Photo by あきーば・チェリー